4月3日(日)追加開催 フランスバターとバターが主役の料理講習会

2月末に行ったフランスバターテーマの講習会では、無殺菌乳から造られる濃厚な農家産生バターと、低温殺菌乳のバター7種類、それぞれ無塩、有塩を試食していただき、まるでクレームのようにミルキーな無塩バターの美味しさと、海の自然塩ならではの旨味が素晴らしい有塩バターの味わいを皆様にご紹介することができました。このところフランスでは100% 自然食品であるバターが見直される中、フランス料理には欠かせない上質のバターの風味を日本の皆様に発見していただけたことはたいへん有意義でした。そこで休日なら参加できるという方々にも体験していただこうと、4月3日(日)追加講習会を開くことにいたしました。生野菜やフレッシュフルーツとバターを組み合わせたアミューズ3種、スープ、そして合わせバターやバターソースでいただく料理2品と焼き菓子をご試食いただく充実の講習会です。会場のえんがわinnでは桜が満開の頃。皆様のご参加をお待ちしています!お申し込みはこちらのページから  http://uenomariko.com/cooking  なお詳細の捕捉ですが、講習会前半はフランス産バターについての講義、その後バターの試食、続いてバターが主役の料理と焼き菓子7品のご試食となります。                                               
写真は2014年家庭画報パリ特集号でご紹介したバターといえばこれ!の料理4品。バターと砂糖で食べるのが一番のクレープ、メートルドテルバターでいただくメルランのフライ、サンドイッチといえばジャンボン・ブール、そしてラディッシュバターです。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。