ミセス11月号 <根菜をたのしむフランスの食卓から>

和洋根菜料理の特集です。「ビーツとシャンピニョンのサラダ」「人参の蒸し焼き クミンとオレンジ風味」「セロリアックとリンゴのクリーム煮」「じゃがいものオイルマリネとニシンのスモーク」など6品を紹介しています。和の根菜料理は鎌倉の「なると屋+典座」店主、イチカワヨウスケさんの「煮ごぼうの炊き込み御飯」「煮かぶと柿のサラダ」など。その写真を見ていると、不思議なほどにパリでは和食を恋しく思わない私の胃袋が、里心でしみじみとしてくるようです。婦人誌ではお店紹介を兼ねた料理ページが多いこの頃ですが、ミセスはレシピページも充実していますので、是非お手に取ってご覧下さい。

 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。